2007年09月09日

F1イタリアGP 予選

さて、フリー走行でライコネンのクラッシュというものがありましたが、ライコネンは大した怪我もなく、無事レースに臨みます。
なお、マシンはスペアカー。それが一体どう影響するか?

ではQ1から

トップ5

1 アロンソ(マクラーレン)
2 ハミルトン(マクラーレン)
3 マッサ(フェラーリ)
4 ライコネン(フェラーリ)
5 クビサ(BMW)

ワースト6

17 佐藤(スーパーアグリ)
18 シューマッハ(トヨタ)
19 リウッティ(トロロッソ)
20 クルサード(レッドブル)
21 スーティル(スパイカー)
22 山本(スパイカー)


左近がクラッシュしたり(まあ、大したことはなかったんですが、)
クルサードがコースオフして止まったり、
何かと忙しいQ1でした。
で、結果はまたまたマクラーレンがトップ2を独占。
一方下位は、琢磨も途中まではいい位置にいたんですが、
最後トラフィックにかかったみたいで17番手に終わり脱落。
ラルフもまたまたここで脱落。
そんな感じのQ1でした。

続いてQ2

トップ5

1 アロンソ(マクラーレン)
2 ハミルトン(マクラーレン)
3 マッサ(フェラーリ)
4 ライコネン(フェラーリ)
5 クビサ(BMW)

ワースト6

11 ウェーバー(レッドブル)
12 バリチェロ(ホンダ)
13 ブルツ(ウィリアムズ)
14 デビッドソン(スーパーアグリ)
15 フィジケラ(ルノー)
16 ベッテル(トロロッソ)


トップ5台はQ1とまったく一緒(笑)
一方10争いはかなり激しく、
最後、コバライネンとトゥルーリがタイムを出して、
ウェーバー、バリチェロを追い落としました。


さて、最後のQ3に行く前に、
ぜひこちらをクリック♪

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 車ブログ
さて、Q3。
タイムアタック自体は1回目でアロンソが出したタイムが
そのまま残ってポールタイムとなりました。
そして、ハミルトンがそれに続いて、
予想通りマクラーレンが1・2。
続いてフェラーリの2台が・・・と行きたい所ですが、
ハイドフェルドがそのフェラーリの間に割って入って4位
フェラーリはマッサ3位、ライコネン5位という結果になりました。

さて、明日の決勝。
6番手以下の搭載量が違うと予想されること、
さらに9・10番手当たりはワンストップが考えられるだけに、
それがどうレースに影響するかが、見ものです。

Q3結果

1 アロンソ(マクラーレン)
2 ハミルトン(マクラーレン)
3 マッサ(フェラーリ)
4 ハイドフェルド(BMW)
5 ライコネン(フェラーリ)
6 クビサ(BMW)
7 コバライネン(ルノー)
8 ロズベルグ(ウィリアムズ)
9 トゥルーリ(トヨタ)
10 バトン(ホンダ)


ランキングに参加しております。
ランクアップが励みになります。ぜひワンクリックお願いします。

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 車ブログ


さらにこちらもどうぞ♪

予選見るならノーカットでみたいよね?

魅力あふれる新製品が続々登場!

タミヤ新製品ラインナップ

レクリスモデルズ

posted by katsunori at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。